慢性的な身体の不調はスマホの影響!?②

慢性的な身体の不調はスマホの影響!?②


スマホやパソコンから発せられる電磁波が人体に悪影響を及ぼすことがわかったとはいえ、

今や仕事や生活に溶け込み、欠かせない存在になっています。

「そんなことまで気にかけていたら生活が成り立たない」とおっしゃる方もいるでしょう。

確かにそうかもしれません。

でも、見て見ぬ振り・知らぬふりをして、この先もずっと慢性的な身体の不調に悩まされ、

脳腫瘍などの重大な疾患のおそれにさらされ続けることは避けたいですよね。

意識すること・日々の生活に少しだけプラスすることで、変えられることがあります !

今の時代、スマホやパソコンとはうまく付き合っていかなくてはなりません。

そのために、今すぐ取り入れられることをご紹介しましょう。

▷スマホはポケットに入れずカバンに入れて持ち歩く

電磁波の影響を可能な限り避けるには、発生源からなるべく身体を遠ざけることが重要です。

ポケット周辺(お腹や胸のあたり)には、重要な臓器がたくさんあります。

また、通話の際にスマホを頭に近づけることは、脳への影響がある可能性が高いと、WHOなどでも指摘されています。

持ち歩くときはカバンに入れたり、通話の際はイヤホンを使うなど、身体からなるべく遠ざける工夫をしましょう。

▷パソコンの充電器をさしたまま作業することを控える

パソコンには、非常に高い電磁波が発生しています。

そして、この電磁波はパソコンに触れることで私たちの皮膚の表面に伝わり、

私たちの皮膚バリアを破壊し、炎症の原因になります。

本来であれば、アースを取る(電気の逃げ道を作る)ことが最善なのですが、

すぐに取り入れることが難しい場合は、充電器から外して作業をすることをおすすめします。

また同様に、アクセサリーのような貴金属を身につけたままパソコンを触ると、

身体はより帯電しやすくなり、不調の原因になりますので、作業中は外しておく方が良いでしょう。

▷夜はなるべく静かに過ごす

日が落ちたら眠るのが人間(動物)の本来のあり方です。

現代社会でそこまですることは難しいですが、1週間に1度でも、夜はスマホやパソコンの電源を消して、

ゆっくりお風呂に入ったり、好きな音楽を聴きながらリラックスするなど、ゆったりと静かに過ごしましょう。

▷寝室にスマホを持ち込まない

例え画面の照明が消えている状態であっても、

スマホからは常に電波が発せられており、それが睡眠の質を低下させ、身体に不調をきたします。

寝室に、スマホやパソコンなど電波を発するものを持ち込むことはやめましょう。

目覚ましにスマホのアラーム機能を使う場合は、別室に置いて鳴らすようにしたり、

これを機に目覚まし時計に変えてみるのも良いかと思います。

▷寝る時はすべての電子機器類のプラグを抜く

例え、電子機器類の電源がOFFになっているとしても、

プラグがささったままになっていると電圧がかかっている状態ですので、電磁波は発生しています。

当然、この電磁波も身体へ悪影響を及ぼす原因になりますので、

使用していない電化製品・電子機器類はコンセントを抜いた状態にしておきましょう。

身体に帯電した電気を抜く方法

スマホやパソコンなどの電子機器類が欠かせない現代の生活で、私たちは多くの電気を身体に帯電しています。

本格的な電磁波対策をしたい方は、電磁波対策の活動をしている専門の業者もありますが、

その前に、生活に取り入れることで電気を抜く方法もありますので、最後にいくつかご紹介します。

▷塩水につかる(海水浴・塩のお風呂)

塩水は、皮膚の上で起きている電気的な炎症を治めてくれる効果があります。

▷「海水浴が肌に良い」ということを聞いたことはないでしょうか。

現代社会で暮らしている限り、毎日海水浴を行うことは不可能ですが、毎日の入浴であれば容易に取り入れることができます。

「塩」といっても食卓塩ではなく、エプソムソルトのようなミネラル成分が豊富に含まれているものがおすすめです。


明石市で肩こりや腰痛・頭痛・猫背にお悩みの方は癒&美 カイロサロンゆうにご相談下さい。

店舗名:癒&美 カイロサロンゆう

住所:兵庫県明石市小久保1-11-13

TEL:078-926-1558

営業時間:10:00~20:00(受付:19:00迄) 定休日:不定休

業務内容:カイロ・美容カイロテクニック・カイロプラクティック

ご予約はこちら