敏感肌とは?

敏感肌とは?


敏感肌・乾燥肌の方が知っておきたい、敏感肌の原因やスキンケアの基本、についてご紹介します。

敏感肌とは

よく「敏感肌」と言われますが、実は皮膚科学には敏感肌の明確な定義はありません。

そのため、敏感肌のとらえ方はさまざまです。

例えば、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎などの皮膚疾患を起こした肌状態を指す場合から、

ささいな要因で肌トラブルを起こしやすいといった一時的なお肌の不調を含める場合もあります。

また顔に化粧品をつけた後や石けんで洗顔したときに、チクチクしたりヒリヒリ焼けるように感じる、

お肌がつっぱる感じがするけれど、目にみえる症状が特に見られない状態も敏感肌と呼ぶことがあります。

いずれの場合も、健康なお肌の状態では何も感じないようなわずかな刺激でも敏感に反応をして、

さまざまな肌トラブルを感じる肌状態のことを、敏感肌と総称しています。

また敏感肌ではお肌が乾燥しがちです。

敏感肌でまず気になるのは顔ですが、腕、足、背中、頭皮など、

顔だけでなく全身の各部位も乾燥し、刺激に敏感になることもあります。

特に乾燥しがちな冬には、体のあちこちがかゆくなり掻いてしまう、衣服が擦れて赤くなる、

フケや頭のかゆみがいつも以上に気になるなどの症状が起こる場合があります。

敏感肌の原因

なぜ敏感肌になってしまうのでしょうか。原因をご説明します。

一般的に敏感肌と呼ばれるお肌では、健康なお肌に比べて皮膚のバリア機能が低下しています。

皮膚のバリア機能とは、外部からのさまざまな刺激から体をまもり、

お肌から水分が失われることを防ぐ、お肌に備わっている機能のことです。

皮膚のバリア機能には角層細胞間で水分を保持するセラミドをはじめとする「細胞間脂質」、

角層細胞の中で水分を引き寄せる「NMF(Natural Moisturizing Factor, 天然保湿因子)」、

お肌の表面で水分の蒸散を防ぐ「皮脂膜」の3つが重要な役割を果たしており、これらは「バリアの3因子」とも呼ばれます。

<バリアの3因子>

このバリアの3因子が少なくなるとお肌は乾燥し、さまざまな刺激に敏感に反応してかゆみや赤み、

かぶれなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

皮膚のバリア機能が低下する原因として、内的要因と外的要因があげられます。

内的要因

生活環境の変化に伴う心理的疲労・睡眠不足・栄養の偏り・食生活の乱れ

生理・妊娠・更年期障害・ストレス・皮膚の乾燥を引き起こす疾患・遺伝など

外的要因

紫外線・温度や湿度の変化・汗・ほこり・ハウスダスト・ダニ・花粉・金属・衣服・化粧品などの

外用剤・間違ったスキンケア方法など

肌トラブルやお肌の乾燥は、皮膚のバリア機能をさらに低下させるという悪循環も起こします。

アレルギー症状によってお肌が敏感になっている場合や生まれつき皮膚疾患のある方は、

皮膚科での治療が必要ですが、生活習慣などが原因の敏感肌の方は、

まずは正しいスキンケアや生活習慣をみなおすことでバリア機能を正常化することが大切です。

敏感肌を改善するために、以下のことを心がけましょう。

1
正しいスキンケアをおこないましょう
2
バランスの良い食事を心がけてさまざまな栄養素を摂るようにしましょう
3
充分な睡眠をとるなど規則正しい生活を心がけましょう
4
生活環境を清潔にととのえましょう
5
症状が悪化したらすぐに皮膚科で診察をうけましょう

お肌が敏感になっているときには、お肌への負担をなるべく減らす環境をととのえることや、

皮膚のバリア機能をまもり、おぎなうスキンケアをおこないましょう。


ご予約はこちら