春と夏の紫外線はどう違うの?

春と夏の紫外線はどう違うの?


紫外線によるお肌の影響は?

「紫外線は女の子の敵!しっかりUV対策をしましょう」とよく聞きますが、

そもそも紫外線はお肌にどのような影響があるのでしょうか?

紫外線がお肌にあたえる影響として光老化が挙げられます。

メラニン色素が生成されシミの原因になる、というのは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

それ以外にも日焼けをすると、年齢と同じく新陳代謝がどんどん低下します。

肌の新陳代謝が低下すると、古い角質が肌の上に蓄積し、肌がくすんだりシワの原因にもなるんです。

※毛穴の開きやくすみにも関連してきます!

さらに、あまり知られていませんが、実は紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなります。

紫外線は肌にあるコラーゲンを破壊してしまうので、ハリや弾力を失ってしまうのです。

一生懸命、「いつまでも若々しい綺麗な肌に!」と思っていても、紫外線を浴びると起こってしまう光老化。

だからこそ、しっかりとUV対策をして肌を守る必要があります♡

春と夏の紫外線はどう違うの?

夏はお天気予報でも、紫外線の量を表示する番組も多く見られます。

しかし冬や春は紫外線量を表示している番組はほとんど見られません。

「これってまだ注意するほどではないからでは?」と思う人もいるかもしれませんが、

これは人々の関心が春は花粉量に集まっているだけで、紫外線が少ないからではないんです。

紫外線は年中降り注いでいます。

皆さんは紫外線には、UVAとUVBの2種類があることを知っていますか?

UVAは主に肌の老化につながる紫外線。

UVBはシミやそばかすにつながる紫外線です。

夏は日焼けで肌が黒くなるというのは、UVBが多いことが原因です。

春にあまり日焼けしている人がいないのはUVBが少ないから。

…という事は紫外線対策は夏にすれば十分と思いますよね。

でもシミやそばかすの原因となるUVAは夏と同じ量、春も降り注いでいるのです。

UVAは肌の奥まで届いてしまい、深いシワの原因になるんです。

肌の中では常にメラニン色素はつくられています。

濃くなってから「あっ!!」となる前に予防と改善が必要となります。

悪化する前に、このUVAを防ぐために春も紫外線対策が必要になるのです。

春のうちからやっておくべきUV対策♡

春の紫外線対策が大事と分かったところで、今からやっておきたいUV対策をご紹介します♡

こまめにUVコスメや日焼け止めを塗る

紫外線対策といえばコレ!というのが、UVコスメや日焼け止めです。

皆さんは日焼け止めやUVコスメに書いてあるSPFってどういう意味か知っていますか?

SPF は、UVBをカットする力を示しています。

20分程度の間に、素肌と比較して日焼けが始まるまでの時間を

何倍に伸ばすことが出来るかという目安の数値となっています。

例えばSPF30だと20分×30=600分=10時間なので、

『塗ってから600分(10時間)くらいの効果がありますよ。』という意味になります。

SPFの数字が多ければ多いほど強力という意味ですが、あまりにも強力だと肌を痛めてしまう可能性が…。

SPF20、SPF30くらいのものをこまめに塗るのが、肌にも紫外線にも効果的です。

生活紫外線にSPF50PA++++もアスリートでなければ必要ないのです。

自分のライフスタイルや肌にあう物をきちんと選びましょう♡

紫外線対策に効果のある栄養素を意識して食べる

食事によっても紫外線対策が出来るって知っていますか?

シミやくすみの原因になるメラニン色素を抑制したり、

紫外線によって破壊されてしまうコラーゲンを作ったりできるんです。

肌のターンオーバーを促すことで、紫外線でダメージを受けた肌を新しい肌に生まれ変わらすこともできます。

肌のターンオーバーを促すにはタンパク質やβカロチン、ビタミンA・B・C・Eや亜鉛など。

シミやくすみにはビタミンCやリコピン、ポリフェノールを含んだ食べ物がおすすめです♡

野菜は味方も多いのです。

糖質制限している人には、人参やトマトは大敵ですが上手に摂取すれば味方にもなりますよ♪

 

いかがでしたか?

夏のイメージが強い紫外線。

夏だけでなく、これを読んだ方は今すぐ紫外線対策を始めましょう!

今の時代は、紫外線だけではなく「スマホ」からでるブルーライトもカットできるアイテムがオススメ!!

この時期では周りを見ても、日傘をさしたりしている人は少ないですよね。

そこで春からしっかり紫外線対策をして、周りと差をつけちゃいましょう♪

早めの対策が数年後の自分を作ります♡


ご予約はこちら